会社の決済に法人カードが最適!初心者の方向けに作り方をご紹介!

法人カードってどうやって作るの?作り方を解説します!

(最新更新日:2017年5月24日)

作り方について

今回、当ページでは「法人カードの作り方」という記事を書かせていただきました。
「法人カードの作り方を知りたい!」という方の中には、以下のような疑問抱いている方もいるかと思います。

・「申し込みには何が必要なのか?」
・「どのカードが最も自分に最適なのか?」
・「作り方について何か注意点などあるのかな?」
・「審査基準は厳しいのかな?」

上記のような疑問や悩みは法人カードの作り方を知りたい方、初めて利用する方やまだ十分に法人カードに慣れていない方であれば必ず抱く疑問かと思います。

そこで今回、当ページでは、法人カードに関して疑問や悩みをお持ちの方に対して、最適な選び方、作り方などのポイントと申し込みに必要な準備などを分かりやすく解説します。

そして、最後に法人カード初心者の方におすすめしたい法人カードを3枚ご紹介させていただきます!

では、まず法人カードの最も基礎的な知識「選び方・作り方」について見ていきましょう!

作り方や選び方での基本的な3つのステップ

作り方や選び方での基本的な3つのステップ

まず、「法人カードの作り方」の最初のステップ「選び方」について見ていきましょう! 法人カードの種類には、大きく分けて2つのパターンがあります。

■「選び方」ステップその1
・法人経営者
・個人事業主
現在、あなたが運営されている事業形態によって選ぶべき法人カードが変わってきます。 法人経営者と個人経営者に分かれることによって求めるニーズも異なるからです。 そして、法人カードには、次の3つのランク(階級)に分けられています。

■「選び方」ステップその2
・一般
・ゴールド
・プラチナ
各ランク毎に年会費の価格帯券面のデザイン性特典・付帯サービスの内容が大きく異なります。

国内で、そして、会社内での経理処理や管理をメインで利用したい方であれば、一般ランク

そして、海外出張や接待などで利用したい方であればゴールドプラチナランクの法人カードがおすすめです。

さらに、ランクや各クレジット会社毎によって以下のような異なる特徴に分かれます。

■「選び方」ステップその3
・「年会費が安い法人カード」
・「限度額が高い法人カード」
・「マイル・ポイントの還元率が良い法人カード」
・「特典や付帯サービスが充実した法人カード」etc...
上記の特徴が備わった法人カードを求める方が非常に多いです。
その他、ETCと一体型となっている法人カードやガソリンなどの燃料を購入するのに特化した法人カードなど、クレジット会社によって特徴は違います。 あるいは、出張などで飛行機を頻繁に使用する場合は、マイルに特化したカードを使用すると良いでしょう

また、営業車などを多く保有している会社は、ガソリンを会員価格で利用できるカードを選ぶと、経費の削減にもなります。

選ぶ際に気を付けるポイントが、自分のニーズを満たしているかという点です。

作り方を間違ってしまうと、利用する機会がなく、ただ年会費を払うことにもなり兼ねません。

当サイトでは、ニーズ別に比較し、おすすめの紹介も行っていますので、カードの作り方で困ったときは是非とも参考にしてください!


では、次のステップ「法人カード作り方」について見ていきましょう!
「作り方」にも、大きく分けて3つ大切なポイントがあります。

申込時の必要書類

申込の際に必要な書類と作り方、

申し込む際には必須書類をいくつか提出しなければなりません。
必要な書類の内、申し込み先が指定するものとしては入会申込書、公的な書類としては、本人確認ができる書類です。

入会の申込書は、ご希望のカードを発行している会社から直接書類請求することが可能です。
企業が運営しているホームページから簡単に入手することができます。

公的な、本人確認が行える書類は、大きく分けて2つです。
一つは法人の本人確認ができる書類、もう一つは代表者の本人確認ができる書類です。

法人の確認ができる書類は、申し込み日から六カ月以内に発行された登記簿謄本、もしくは抄本です。
代表者の確認ができる書類としては、パスポートや免許書などの身分証明書が必要となります。

申し込みには連帯保証人が必須

申し込みには連帯保証人が必須「作り方」

通常、申し込みの際に、連帯保証人が必須です。
申し込んでいた企業が支払いを完済する前に倒産してしまった場合に、支払い責任が連帯保証人に移行します。

一般的に連帯保証人には、法人代表者である経営者か役員クラスの社員が請け負う場合が多いです。
自社の連帯保証人が代表者本人であっても基本的に問題ありません。

なぜなら、個人に対してではなく、法人(会社)に対しての連帯保証人ということなので、個人の事業であったとしても、事業主(ご本人)が連帯保証人になることができます。・
法人が抱えた負債はとても個人で払えるものではないので、倒産してしまいそうな企業対しては発行会社も発行承認しない場合があります。

カード発行には審査の壁を乗り越える必要がある

「作り方」審査の壁を乗り越える

「作り方」も重要ですが、「審査基準」もかなり気になっているかとも多いと思います。
一般的に法人は個人の「審査基準」と比較すると厳しいです。
「会社のステータス」「個人のステータス」の2つを審査基準としており、それぞれ以下に挙げる点が見られます。

■「会社のステータス」
・設立年数
・黒字決算であるか
まず、設立年数は一般的に「会社設立から3年が経過している」というのが審査のラインとされています。

経営が軌道に乗り、今後も安定して事業を行っていくことができるかということが重要なポイントであり、3年という期間はそれを判断する基準なのです。

次に、「黒字決算であるか」を見るために、申込時に売上高や最終利益の記入が求められます。
利用額は高額となるため、回収できないとクレジットカード会社は大きな損害を被ってしまいます。

そのため、その会社に利用額分の返済能力があるかを判断する基準として、決算状況も重要なポイントなのです。

■「個人のステータス」
・代表者個人の信用情報
代表者個人のこれまでのクレジットカード利用履歴は非常に重要になります。支払遅延を頻繁に起こしていたり、ブラックリストに入っていたりすると、審査に影響が出る可能性があります。

また、法人カードの審査をどれくらい受けたかも重要な判断基準となるので、審査に通らないからといって、次から次に無計画に申し込みをすることは避けましょう。

【まとめ】法人カードの作り方でのチェックポイント!

作り方でチェックすべきポイント!

法人カードの作り方は個人向けカードの作り方とさほど変わりはありませんが、審査など注意すべき点はいくつかあります。ここでは、法人カードの作り方のまとめとおすすめの法人カードをご紹介しています。

法人カードに作る前に必ず確認すべき審査基準

法人カードの選び方・作り方

◆「法人カードを選び方と作り方のポイント」
「限度額は最低いくらほしい」「普段から車を頻繁に使う」「国内外の出張が多い」といったような、各自の置かれている状況に合わせて適切な1枚を選びましょう。
◆「申し込みに必要な書類等」
入会に必要な書類は、各カード会社が用意している入会申し込み書本人確認ができる書類です。また、申込に際しては連帯保証人が必要になります。この保証人には一般的に会社の代表者や役員がなります。


法人カードの申し込みで一番の重要ポイントが審査です。
一般的に法人カードは審査が厳しめなので、以下の点に注意しましょう。
・設立3年以上経過していること
・黒字決算であること
・代表者個人が金融事故を起こしていないこと
・むやみに何社も審査申し込みをしないこと

安心できる審査基準!アメックス・ゴールド

当サイトおすすめ!審査基準の低い法人カード!

≪アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード≫

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの作り方

意外かもしれませんが、アメックスの法人カードは設立1年目の法人でもカード発行ができるほど審査が甘いです。

アメックス・ゴールドは、アメックスの法人カードの中でも高いスペックを有しており、国内最高5,000万円海外最高1億円の旅行傷害保険をはじめとして、充実のトラベルサービスやビジネスサービスが揃っており、特に海外出張が多いビジネスマンには最適の1枚。

また、アメックス・ゴールドは数あるゴールド法人カードの中でも非常に高いステータスを有しています。そのため、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを持っているとビジネス上で信頼されます。

詳細はこちらへ

当サイトおすすめの関連ページ

年会費で徹底比較!

限度額で徹底比較!

特典・付帯サービスで徹底比較!