申し込み時の審査基準に着目した法人カード紹介

法人カードの審査基準について

(最新更新日:2017年5月24日)

法人カードの審査基準について

 

 

経営者や個人事業主の方が法人カードを申込む際に気になるのが「審査基準」
カード発行会社によって、「特典・付帯サービス」「ポイント・マイル還元率」「年会費」など、サービス内容に違いがあるので、法人カードを申請する前に事前にしっかり確認しておくことが大切です。
そして、法人カードの「審査基準」もまた、申込みする前に把握しておくべき重要な法人カード選びのポイント
申込みされた方の中には、事前に確認しなかった結果、審査に落ちてしまった方も少なくありません。

 

当ページでは、多くの方に法人カードを利用してもらうために、申し込み時の審査基準について詳しく解説していきます。


審査基準の甘い法人カードのランキングが気になる方!

△上記の詳細ページをご参照ください△

 

事前に知っておくべき3つの審査ポイント

法人カードの基本的な審査基準について

 

法人カードを申し込む際に知っておいてほしい審査基準について3つのポイントがあります。
現在、法人カードをご検討中の方は、是非このポイントをしっかり把握しておくとよいでしょう。

 

1.基本的な審査基準:黒字経営・設立年数3年

法人カードの基本的な審査基準について

 

申込みする際に必要とされる条件として、会社の設立年数は3年以上と言われています。
カード発行会社側もリスクを考えて、出来るだけ安定した企業とのビジネスを望んでいますので、基本的に設立年数は3年。
カード発行会社によっては、3年未満の企業でも審査通過しているケースもたくさんあります。
そして、もう一点は会社経営での「黒字」か「赤字」かという点です。
カード会社が一番恐れているのが、赤字経営によって「自己破産」「倒産」になった時の「貸し倒れ」です。
従って、事前にしっかり自社の経営状況を把握したうえで、申込みされることをおすすめします!

 

2.外資系法人カードは審査基準が優しい?

法人カードの基本的な審査基準について

 

一般的に日系企業である「JCB」と外資系企業の「アメリカン・エキスプレス」を比較すると、外資系の方が審査基準が優しいという口コミが多く見られます。
さらに、利用限度額の部分で比較しても外資系のカード発行会社の方が限度額の幅が広いカードが多いです。
会社設立1年目である企業でも審査通過しやすいという点で外資系の法人カードはおすすめしています。

 

3.過去のクレヒス(返済履歴)を確認!

法人カードの基本的な審査基準について

 

審査基準において、一番確認されるのがクレリス(返済履歴)です。
過去に返済トラブルや遅延・滞納したことがあるかをカード発行会社はしっかり確認します。
もし、過去に金融事故の経験がある方は「信用情報機関(CIC)」に個人情報が載っている場合があります。
そうなると審査通過は困難です。
ただし、個人情報の掲載期間も内容によって異なり、基本的に「5年〜10年」
法人カードをご検討中の方は、過去の返済履歴をしっかり把握した上で申込みすることをおすすめします。

 

事前に準備すべき3つのポイント

法人カードの基本的な審査基準について

 

上記では法人カードの審査基準のポイントについて解説させていただきました。
では、審査を通過するために何か対応策はないのか?
次は、審査より通過しやすくさせるための準備すべき3つのポイントをご紹介いたします。

 

固定電話を会社用に契約する

法人カードの基本的な審査基準について

 

固定電話を会社用に契約することによって、その会社の住所を把握できるので、カード発行会社からの信頼を得られます。
設立して年数が経っていない企業だと固定電話を契約してない企業が多く、それが要因として審査に落ちてしまったケースも多いのではないでしょうか。
契約済みの会社とそうでない企業を比較しても、契約済み企業の方が審査通過されているケースが多いです。
現在、まだ固定電話契約されていない企業の方、申込みされる前に、固定電話の準備をすることをおすすめします。

 

自社のホームページを作る

法人カードの基本的な審査基準について

 

自社のホームページがある事によってこちらの会社の情報しっかり伝える事ができますので、信頼度も上がります。
そして、カード発行会社にとって審査できる情報提供にもなります。
まだ、自社のホームページをお持ちでない方は、まずはホームページを作ってからお申込みすることをおすすめします。

 

申込書類を丁寧に記入する

法人カードの基本的な審査基準について

 

申込みをする際に、方法としてパソコンでの「オンライン」と申込み書類へ記載し郵送する「オフライン」の二通りあります。
記入の際にしっかり正しい情報を記入して、空欄をできるだけ少なくするのがポイント。
「オフライン」でのお申込みであれば、記入漏れに加え、丁寧な文字で記入することを心掛けるのも大切なポイントの一つです。

 

【まとめ】申込みする際に確認すべき点

法人カードの基本的な審査基準について

 

当ページ「審査基準について」を最後まで読んでいただきありがとうございました。
上記で解説させていただいた「事前に知っておべき3つの審査ポイント」と「事前に準備すべき3つのポイント」の内容はご理解いただけたでしょうか。

≪自社の設立年数と経営状態の確認≫
カード発行会社によっては「設立年数3年」と「黒字経営」が必要とされます。

 

≪外資系の法人カード情報の確認≫
外資系カード発行会社は日系企業より審査基準をやさしく設定しています。
個人事業主並びに、設立年数1年目の企業は外資系の法人カードを中心に申込みするというのも方法の一つです。

 

≪過去のクレヒス(返済履歴)の確認≫
自分のクレヒス(返済履歴)を調べ、申し込みできる状態かどうかを確認する。

しかし、上記の内容はカード発行会社によって異なる場合もあります。
設立年数1年未満でも発行できた事例もあれば、黒字でも審査に落ちるケースも少なくありません。
申し込み先のカード発行会社の審査基準やご自身のステータスによって左右されます。

 

事前に自分の申し込む法人カードの情報を調べ、自分が条件に合っているのかどうか確認し、審査に挑むことをおすすめします。
では、最後に当サイトおすすめの審査基準の優しい法人カードをご紹介します。

 

 

設立年数3年以内の企業向け!「アメックス・ゴールド」

法人カードの基本的な審査基準について

 

下記でご紹介させていただく「アメックス・ゴールド」は当サイトがおすすめする「審査基準の優しい法人カード」です。

 

設立年数1年でも自信をもって申込みができる法人カード「アメックス・ゴールド」
外資系企業でもあり、審査基準が優しく、そして利用限度額なども日系企業と比較すると融通が利いています。

 

個人事業主並びに、設立1年目の企業にとって非常に使いやすい法人カードです。

 

詳細はこちらへ