当サイトおすすめのマイルに特化した法人カードをご紹介!あなたに合ったカードが見つかります!

法人カードのマイレージとは?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

現在、法人経営者や個人事業主の方々の間でマイルに特化した法人カードをお探しの方が非常に増えてきています。
「会社でかかった経費などをマイルに還元し、海外旅行などで利用したい」などのご意見もとてもよく耳にします。
そこで今回当ページでは、法人カードによる「マイルの最適な貯め方・使用方法」や、「おすすめのマイルに特化した法人カード」などをご紹介させていただきます。

 

では、まず「マイル」とはいったい何なのか?ご説明していきたいと思います。

 

マイルとは?

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

「マイル」とは、航空会社の「サービスプログラム(マイレージ)」の中で活用できる「マイレージのポイント」の事です。
「マイル」を貯めていくと、飛行機を無料で乗れる「特典航空券」がもらえたり、座席のアップグレードをすることができるようなります。
この航空会社のマイレージ機能は、各航空会社により運営されており、国内では次の日本を代表する航空会社がマイレージを運営さています。

ANA(全日本空輸) JAL(日本航空)

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

(※格安航空会社(LCC)では、基本的にマイルを貯めることはできませんのでご注意下さい。(※エアアジアやジェットスターetc...))

 

また、国内問わず海外でももマイル制度を採用している外資系航空会社はたくさんあります。
代表的な航空会社の例として以下の会社があげられます。

 

エミレーツ航空 シンガポール航空 デルタ航空

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

日系航空会社には、マイルに利用期限が定められています。
一方、外資系航空会社ではマイルが一定期間内に更新されていれば、利用期限を更新に応じて延長可能な企業も多いです。
ですので、航空会社によって実質無期限でマイルを貯め続けることができるケースもあります。

 

では実際に、法人カードでマイルの貯蓄は可能なのか調べてみましょう。

 

法人カードでマイルが貯まる?

法人カードの審査に通らなかった時にまず行うこと
法人カードの中にも、マイルへ還元可能なカードはいくつかございます。
貯めたポイントをマイルへ還元したいと希望される方の中には、航空会社運営の法人カード(ANAマイレージクラブ/JALマイレージクラブ)に申し込みされる方も少なくありません。
ですが、当サイトでは航空会社運営の法人カードはおすすめしていません。
なぜなら、個人用カードと法人用カードでは大きくサービス内容が異なるからです。

 

『ANA・JAL運営の法人カードでは、マイルが貯めにくい!?』

 

ANAやJALが運営している法人カードでは、飛行機のご利用時のみでしかマイルが貯められないので、買い物利用時にマイルが貯められません。
「個人向けのANA・JALカード」であれば、ショッピング利用でも飛行機利用でもマイルを貯めることが可能です。
しかし「法人向けのANAやJALカード」の場合だと、飛行機利用時のみでしかマイルを貯めることができません。

 

では、主にマイルの貯め方にはどのような方法があるのでしょうか?

 

「法人カードでマイルを貯める3つのメリット」

法人カードの審査に通らなかった時にまず行うこと

 

@お買い物利用時の金額に応じて、マイレージが自動的に貯蓄されていく方法!

 

ショッピング利用でそのままマイレージを獲得できるサービスなら、より還元率は高くなります。

 

Aお買い物利用で獲得したポイントをマイレージに移行する方法!

 

ほとんどのカードではショッピング利用で得たポイントを引き換えることでマイレージを獲得する事ができるようになっています。
その場合の平均的なマイル還元率は0.50%ほど。

 

B飛行機利用でボーナスマイル得る方法!

 

それでは、次に上記の方法で貯めたマイルはいったいどの様にして使用するのか?

 

「貯めたマイルを使用する3つのポイント」

・電子マネーや特典への交換
・座席のアップグレード
・国内線/国際線の航空券の無料交換

 

ただし当サイトでは、貯蓄したマイルは「航空券への交換」を強くおすすめします。
航空機をご利用されますと場所や距離にもよりますが、マイルが貯まりやすいので、
1年間に数回利用する方でしたら、国内中距離であればすぐに無料航空券へと発行が可能です。

 

またANAカードやJALカードのような、航空会社が発行する法人カードなら飛行機に乗るとフライトマイレージで貯めることもできます。

 

 

では、実際にマイルが貯めやすく、特典や還元率が充実した法人カードはあるのでしょうか?
当サイトがおすすめする「マイレージに特化した法人カード」をランキング形式でご紹介したいと思います。

 

マイレージに特化した法人カードベスト3

 

≪セゾンプラチナ・アメックス・ビジネス≫

「マイルに特化した法人カード」セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのイメージ

 

「ハイグレードな特典や付帯サービスが豊富!そして驚きの費用対効果!」
そしてサービスだけでなく、「JALマイルを貯める方にはNO.1の法人カード」です。

 

JALマイラーの方必見!JALマイルの還元率は驚きの「1.125%」!
他社のどの法人カードを検索したとしても、これほどマイル還元率の高い法人カードはほとんどありません。
JALマイルを貯めている方には、確実にこちらのカードがNO.1でしょう。
ちなみに、JALマイルだけでなく、ANAマイルへも還元可能です。(ANAマイル還元率0.30%)

[セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスの3つのメリット!]

 

@世界各国の空港ラウンジ利用パス「プライオリティ・パス」が年会費無料!
一般的に申し込み費用に約$399のコストがかかってしまう「プライオリティパス」。
セゾンプラチナビジネスメンバーであれば、年会費は無料です。
この特典だけでも十分にお得ではないでしょうか?

 

A入会の際ご招待券(インビテーション)は不要です!
こちらのサービスは他社にはほとんどない「アメリカン・エキスプレス」ならではの特典です。

 

B世界トップクラスのカードブランド!
非常にハイクラスな特典や付帯サービスを兼ね備えた法人カード。
とても利便性が高く、あなたの最高のビジネスパートナーとなるでしょう。

 

お申込みはこちらへ

 

≪アメックス・ビジネス・ゴールド≫

「マイルに特化した法人カード」アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのイメージ

 

「総合的にハイステータスな法人カード!マイルへの還元にも柔軟に対応します!」

 

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは、
ANAやデルタ航空など含め、航空会社15社(エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、アリタリア-イタリア航空、シンガポール航空、タイ国際航空、エティハド航空、スカンジナビア航空、ヴァージン アトランティック航空、チャイナエアライン、エールフランス、中国南方航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ)でポイントをマイルに還元ができます。
※ANAのみ、ポイント移行の際に別途費用(5000円+(税)/年)が必要になります。

 

[アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのココもすごい!3つのポイント]

 

@「旅行傷害保険」がとにかくすごい!
国内であれば最高額「5,000万円」そして、海外でしたらなんと!最高「1億円」の補償付き!
出張や旅行で飛行機利用頻度の高い法人経営者の方向けの安心なサービス内容です。

 

Aビジネスサポートにも特化した法人カード!
登録制で、市場調査やデータ収集など結果をレポート形式で提供してくれるなど、
ビジネスサポートにも優れたサービスをご提供しています。
あなたにとって、良きビジネスパートナーになるでしょう。   

 

B発行し易さNO.1!多くのお客様から大好評!
アメックスのゴールドカードはゴールド法人カードにもかかわらず、とても審査の通り易いカード。
なんと!「会社設立1年目でも発行可能!」審査基準で心配されている方にもとてもおすすめな法人カードです。

 

お申込みはこちらへ

 

≪ANAダイナースクラブコーポレートカード≫

「マイルに特化した法人カード」ANAダイナースクラブコーポレートカードのイメージ

 

ANAマイラー必見!ANAマイルの還元率は驚きの「1%」!
「ANAマイレージを利用するにはNO.1の法人カード」です。
マイレージ機能に優れたANAダイナースカードでは、あなたの特典獲得のチャンスに大きく貢献してくれるでしょう。世界を代表するハイランクのカード。

 

なんと!ダイナースクラブコーポレートカードでは、
貯まったポイントをANAはもちろん、他14社の航空会社のマイレージ機能が利用可能です!
そして、ポイント還元率もとても高く、「100円=1ポイント」。
ですので、貯まったポイントは「1000ポイント=1000マイル」という高レートで交換ができます。
つまり「100円=1マイル」ですので、マイル還元率は驚異の「1%」!
従って、飛行機での出張機会の多い経営者の方々にはとても好条件なポイントではないでしょうか。

[ANAダイナースクラブコーポレートカードのココもすごい!3つのポイント]

 

@国内航空券をご要約する際に利用するオンライン機能がとても便利!
国内で利用可能なオンライン予約システム。
メンバーの方のみ「JAL ONLINE」や「ANA@desk」などの予約システムをご利用することができます。
会社内で飛行機利用の多い方、そして急遽出張が入った時でも速やかに対応可能なので、非常に利便性の高いサービスです。

 

A国内外含め、空港ラウンジ450カ所以上が利用可能!
空港ラウンジのご利用サービスは法人カードにとって必須条件!
主要都市のほとんどの空港ラウンジ(約450カ所以上)がご利用いただけます。

 

出張などで飛行機利用頻度の高いビジネスマンの方にはとても優れたサービスです。

 

B高級レストランなどのご予約の際に利用できる。「予約代行サービス」!
なかなか予約が取れない高級レストランも、ダイナースクラブコーポレートの予約代行サービスでOK。更にお得な特典もついてきます。

 

高ステータス法人カードならではのこのサービス。会食や接待などでも使うことができるので、利用している法人の方がたくさんいます。

 

もっと詳しく知りたい方、下記の詳細をご参照下さい!

「ANAダイナースクラブ」の詳細ページはこちらへ

 

おすすめ3種のカードの詳細

 

下記の3枚が当サイトおすすめの法人カードです。

 

カード名

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

券面

「マイレージに特化した法人カード」セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのイメージ

当サイト評価

★★★★★

年会費(税別)

20,000円+(税)

ANA交換

200ポイント=600マイル

ANA還元率

0.30%

JAL交換

1,000円=10マイル

JAL還元率

1.125%

プライオリティ・パス

年会費無料で登録可能

フライトボーナス

-

更新時ボーナス

-

「セゾン・プラチナ」の詳細ページはこちらへ



 

カード名

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

券面

「マイレージに特化した法人カード」アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのイメージ

当サイト評価

★★★★★

年会費(税別)

26,000円

ANA交換

2,000ポイント→1,000マイル

ANA還元率

0.50%

JAL交換

2,000ポイント→1,000マイル

JAL還元率

0.50%

プライオリティ・パス

-

フライトボーナス

-

更新時ボーナス

-

「アメックス・ゴールド」の詳細ページはこちらへ



 

カード名

ANAダイナースクラブコーポレートカード

券面

「マイレージに特化した法人カード」ANAダイナースクラブコーポレートカードのイメージ

当サイト評価

★★★★☆

年会費(税別)

20,000円

ANA交換

1000ポイント=1000マイル

ANA還元率

1.0%

JAL交換

-

JAL還元率

1.0%

プライオリティ・パス

-

フライトボーナス

-

更新時ボーナス

-

「ANAダイナースクラブ」の詳細ページはこちらへ


【まとめ】 JALマイラー必見!「セゾンプラチナ」


「マイルに特化した法人カード」をお探しであれば、以上の3枚がとてもおすすめです。
非常に利便性も高く、マイルがとても貯めやすい法人カードだと思います。

 

特に、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の「JALマイル」の還元率が「1.125%」でとてもに魅力的。
法人カードの中では、マイル還元率がとても高いカードです。
プラチナカードというステータスに注目しても、他社に劣らない高い機能を兼ね備えています。

 

プラチナカードということで年会費は2万円と若干高めではありますが、マイルの還元率を考えれば年会費分は十分に戻ってくるでしょう。
特に、JAL航空便の利用頻度の高いお客様であれば絶対的におすすめしたい一枚です!