当サイトおすすめのマイルに特化した法人カードをご紹介!あなたに合ったカードが見つかります!

法人カードのマイレージとは?仕様と貯め方について

(最新更新日:2017年5月24日)

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

現在、法人経営者や個人事業主の方々の間でマイルに特化した法人カードをお探しの方が非常に増えてきています。

 

「会社でかかった経費などをマイルに還元し、海外旅行などで利用したい」などのご意見もとてもよく耳にします。

 

そこで今回当ページでは、法人カードによる「マイルの最適な貯め方・使用方法」や、「おすすめのマイルに特化した法人カード」などをご紹介させていただきます。

 

では、まず「マイル」とはいったい何なのか?ご説明していきたいと思います。

マイル還元率が高い法人カードのランキングが気になる方!

△上記の詳細ページをご参照ください△

マイルとは?

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

「マイル」とは、航空会社の「サービスプログラム(マイレージ)」の中で活用できる「マイレージのポイント」

 

「マイル」を貯めていくと、飛行機を無料で乗れる「特典航空券」がもらえたり、座席のアップグレードをすることができるようなります。

 

この航空会社のマイレージ機能は、各航空会社により運営されており、国内では、以下の航空会社が日本を代表するマイレージ運営企業です。

 

ANA(全日本空輸) JAL(日本航空)

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

(※格安航空会社(LCC)では、基本的にマイルを貯めることはできませんのでご注意下さい。(※エアアジアやジェットスターetc...))

 

また、国内問わず海外でもマイル制度を採用している外資系航空会社はたくさんあります。

 

代表的な航空会社の例として以下の会社があげられます。

 

エミレーツ航空 シンガポール航空 デルタ航空

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

法人カードでマイルが貯まる?仕様と貯め方について

 

日系航空会社には、マイル利用期限が定められています。
一方、外資系航空会社ではマイルが一定期間内更新されていれば、利用期限を更新に応じて延長可能な企業も多いです。

 

ですので、航空会社によって実質無期限マイルを貯め続けることができるケースもあります。
では実際に、法人カードでマイルの貯蓄は可能なのか調べてみましょう。

 

法人カードでマイルが貯まる?

法人カードの審査に通らなかった時にまず行うこと

 

法人カードの中にも、マイルへ還元可能なカードはいくつかございます。
貯めたポイントをマイルへ還元したいと希望される方の中には、航空会社運営の法人カード(ANAマイレージクラブ/JALマイレージクラブ)に申し込みされる方も少なくありません。
ですが、当サイトでは航空会社運営の法人カードはおすすめしていません。
なぜなら、個人用カード法人用カードでは大きくサービス内容が異なるからです。

 

『ANA・JAL運営の法人カードでは、マイルが貯めにくい!?』

 

ANAやJALが運営している法人カードでは、飛行機のご利用時のみでしかマイルが貯められないので、買い物利用時にマイルが貯められません。
「個人向けのANA・JALカード」であれば、ショッピング利用でも飛行機利用でもマイルを貯めることが可能です。
しかし「法人向けのANAやJALカード」の場合だと、飛行機利用時のみでしかマイルを貯めることができません。

 

では、主にマイルの貯め方にはどのような方法があるのでしょうか?

 

「法人カードでマイルを貯める3つの方法」

法人カードの審査に通らなかった時にまず行うこと

 

法人カードには、マイルを貯めれる方法3つあります!一つずつ解説していきましょう!

 

「その@」お買い物の利用金額によって、「マイル」が貯まる方法!

 

ショッピング利用でそのままマイルに還元できます。
より還元率は高くなりますのショッピング利用が多い方に大変おすすめです。

 

「そのA」お買い物利用で得たポイントをマイルに還元する方法!

 

ほとんどのカードではショッピング利用で得たポイントを引き換えることでマイルを獲得することができるようになっています。
法人カードのマイル還元率は平均「0.5%」です。
※カードによって還元率は異なります。

 

「そのB」飛行機利用でボーナスマイルが得られる方法!

 

国内や海外の出張・旅行の飛行機利用の際にフライト区間によって「マイル」が貯めることができます。

 

それでは、次に上記の方法で貯めたマイルはいったいどの様にして使用するのか?

 

「貯めたマイルを使用する3つのポイント」

・電子マネーや特典への交換
・座席のアップグレード
・国内線/国際線の航空券の無料交換

 

ただし当サイトでは、貯蓄したマイルは「航空券への交換」を強くおすすめします。

 

航空機をご利用されますと場所や距離にもよりますが、マイルが貯まりやすいので、1年間に数回利用する方でしたら、国内中距離であればすぐに無料航空券へと発行が可能です。

 

またANAカードJALカードのような、航空会社が発行する法人カードなら飛行機に乗るとフライトマイルを貯めることもできます。

 

では、実際にマイルが貯めやすく、特典や還元率が充実した法人カードはあるのでしょうか?
当サイトがおすすめする「マイレージに特化した法人カード」ランキング形式でご紹介したいと思います。

 

【まとめ】 JALマイラー必見!「セゾンプラチナ」

マイルに特化した法人カード
「マイルに特化した法人カード」をお探しであれば、以上の3枚がとてもおすすめです。
非常に利便性も高く、マイルがとても貯めやすい法人カードだと思います。

 

特に、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の「JALマイル」のマイル還元率が「1.125%」でとてもに魅力的。
法人カードの中では、マイル還元率がとても高いカードです。
プラチナカードというステータスに注目しても、他社に劣らない高い機能を兼ね備えています。

 

プラチナカードということで年会費は2万円と若干高めではありますが、マイルの還元率を考えれば年会費分は十分に戻ってくるでしょう。
特に、JAL航空便の利用頻度の高いお客様であれば絶対的におすすめしたい一枚です!

 

「セゾンプラチナ・アメックス」をご検討中の方!

▽下記の詳細ページをご覧ください▽

お申込みはこちらへ