当サイトおすすめの法人カードを徹底比較!あなたのニーズに合った1枚をご紹介!

最適なカードをあなたに。法人カードおすすめ比較サイト

(最新更新日:2017年5月24日)

人カードおすすめ比較サイトでは、多数のカードの中からあなたのニーズに合わせた、おすすめの法人カードをご紹介。
申し込む際の注意点、メリットやデメリット、各カードの詳細や特典・付帯サービスなども、しっかり解説いたします!

「経費削減のために、年会費が安いカードに申し込みたい」
「出張時に利用できるステータス性の高い付帯サービスを利用したい」
「接待時に自信の持てる好感度の高いカードを持ちたい」
「ポイント・マイルをもっと効率よく貯めたい」

上記のようなご要望にお応えし、あなたのニーズに合う最適な法人カードをご提案!
みなさまが自分のニーズに合った法人カードを見つけられるよう、当サイトでは、常に最適かつ有益な最新情報を提供できるよう心掛けております。
理処理や管理の効率化など、今後のビジネスをよりスマートにするには、「法人カード」はとても重要なキーアイテムと言えるでしょう。

人カードおすすめ比較サイトでは、みなさまのビジネスをより加速化させてくれる、当サイトが厳選したおすすめの法人カードをご紹介いたします!

各種サービスに特化した法人カードご紹介

総合で法人カードを選ぶ
  • 第一位
    オリコEX Gold jcb一般
    年会費
    2,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・年会費2,000円とコスパ抜群
    ・VISAゴールドの優待特典が付帯
    ・追加カードを3枚まで発行可能
    詳細はこちらへ
  • 第二位
    セゾンプラチナ jcb一般
    年会費
    20,000円
    カードランク
    プラチナ
    ・JALマイル還元率が1.125%とお得
    ・他のプラチナカードと比べて年会費が安価
    ・専用コンシェルジュサービスの利用が可能
    詳細はこちらへ
  • 第三位
    アメックスゴールド jcb一般
    年会費
    26,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・トラベルサービス付帯
    ・旅行傷害保険が国内の場合5,000万円、海外だと最高1億円付帯
    ・そのほかビジネスサポートサービスが充実
    詳細はこちらへ

年会費・コスパで法人カードを選ぶ

  • 第一位
    JCB一般法人カード jcb一般
    年会費
    1,250円
    カードランク
    一般
    ・国内、海外旅行傷害保険 最高3,000万円
    ・ETCカードが無料で発行可能
    ・ビジネスサポートなどの付帯サービスもあり
    詳細はこちらへ
  • 第二位
    オリコEX Gold jcb一般
    年会費
    2,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・年会費2,000円とコストパフォーマンスが抜群
    ・VISAゴールドの優待特典が付帯
    ・追加カードを3枚まで発行可能
    詳細はこちらへ
  • 第三位
    ライフカードビジネス jcb一般
    年会費
    0円
    カードランク
    一般
    ・永年年会費無料と自由度の高いカード
    ・利用限度額が最大500万円
    ・コストパフォーマンスに特化
    詳細はこちらへ

マイル還元率で法人カードを選ぶ
  • 第一位
    セゾンプラチナ jcb一般
    マイル還元率
    ANA:0.30%/JAL:1.125%
    カードランク
    プラチナ
    ・JALマイル還元率が1.125%とお得
    ・他のプラチナカードと比べて年会費が安価
    ・専用コンシェルジュサービスの利用が可能
    詳細はこちらへ
  • 第二位
    ダイナーズクラブ jcb一般
    マイル還元率
    ANA:1.0%/JAL: -
    カードランク
    一般
    ・全14社とのマイル交換が可能
    ・ANAマイル還元率が最大1.0%(※)
    ※ダイナースグローバルマイレージの加入が必須
    詳細はこちらへ
  • 第三位
    アメックスゴールド アメックス ゴールド
    マイル還元率
    ANA:0.50%/JAL:0.50%
    カードランク
    ゴールド
    ・メンバーシップ・リワード・プラス登録で還元率1.0%
    ・旅行傷害保険付帯
    ・そのほかビジネスサポートサービスが充実
    詳細はこちらへ

ステータスで法人カードを選ぶ
  • 第一位
    三井住友プラチナ 三井住友プラチナ
    年会費
    50,000円〜
    カードランク
    プラチナ
    ・コンシェルジュサービス付帯
    ・海外保険補償額最大1億円以上
    ・VISAとMastercard同時発行可能
    詳細はこちらへ
  • 第二位
    セゾンプラチナ jcb一般
    年会費
    20,000円
    カードランク
    プラチナ
    ・JALマイル還元率が1.125%とお得
    ・他のプラチナカードと比べて年会費が安価
    ・専用コンシェルジュサービスの利用が可能
    詳細はこちらへ
  • 第三位
    アメックスゴールド アメックス ゴールド
    年会費
    26,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・トラベルサービス付帯
    ・旅行傷害保険が国内の場合5,000万円、海外だと最高1億円付帯
    ・そのほかビジネスサポートサービスが充実
    詳細はこちらへ

審査の通りやすさで比較
  • 第一位
    アメックスゴールド アメックス ゴールド
    年会費
    26,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・トラベルサービス付帯
    ・旅行傷害保険が国内の場合5,000万円、海外だと最高1億円付帯
    ・そのほかビジネスサポートサービスが充実
    詳細はこちらへ
  • 第二位
    オリコEX Gold jcb一般
    年会費
    2,000円
    カードランク
    ゴールド
    ・年会費2,000円とコスパ抜群
    ・VISAゴールドの優待特典が付帯
    ・追加カードを3枚まで発行可能
    詳細はこちらへ
  • 第三位
    JCB一般法人カード jcb一般
    年会費
    1,250円
    カードランク
    一般
    ・国内、海外旅行傷害保険 最高3,000万円
    ・ETCカードが無料で発行可能
    ・ビジネスサポートなどの付帯サービスもあり
    詳細はこちらへ

申し込みの前に知っておきたい!法人カードの比較ポイント


まずは法人カードを選ぶ際のポイントをご紹介します。
これから法人カードの申し込みをしたいと考えているあなたは、申し込みの前に是非参考にしてみて下さいね。

さて、申し込む際に比較すべきポイントとは何か?
最も重要なのは、次の3点!
・年会費・コスパで法人カードを選ぶ
・ステータスで法人カードを選ぶ
・マイル還元率で法人カードを選ぶ

年会費・コスパで法人カードを選ぶ


法人カードで経費削減するなら、安い年会費で機能性の高い、コストパフォーマンスに優れた法人カードを見極めることが重要です。

この項目では以下の法人カードをご紹介いたします。
・年会費1,250円で海外旅行保険が付帯するJCB法人カード
・年会費2,000円ポイント還元率1.1%の法人カードEx Gold for Biz
・完全年会費無料でハイスペックなライフカードビジネス

▽法人カードの総合比較ランキングは下記のランキングページへ▽

総合比較ランキング



ステータスで法人カードを選ぶ


会食や接待などのビジネスシーンで使うことの多い法人カードだからこそ、ステータスにはこだわりたいという方も多いはず。
高いステータスの法人カードを一枚持っておけば、カードを見せなければいけない場面でも安心です。

こちらでは以下の3枚をご紹介します。
JCBプラチナ法人カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
法人の経営者の方には特におすすめです。

▽ステータス性で選びたい方は下記の詳細ページへ▽

ステータス比較ランキング



マイル還元率で法人カードを選ぶ


マイル還元率で法人カードを選ぶ 法人経営者様は海外出張の機会も多いので、マイル還元率重視で法人カードを選ぶと、かなり得られるメリットが大きくなります。

また、航空会社系の法人カードは個人カードとは違い、ショッピングマイルが貯まらないため注意が必要。

このページでは、次の3枚をご紹介!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナースクラブコーポレートカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード
国内や海外への出張の多い方におすすめです。
すべてマイル還元率1.0%を越える優秀なカード達です。

▽マイルで選びたい方は下記の詳細ページへ▽

マイル比較ランキング

年会費無料などコスパ最強の法人カード3枚をご紹介


「年会費無料のおすすめ法人カードはないかな」と考えている方は多いと思います。実は年間費無料のカードとは1つだけ存在します。それはライフカードの法人クレジットカードです。

ただし、ポイントシステムの有無や旅行傷害保険等の保険サービスの有無など、クレジットカード会社が提供する特典や付帯サービスの内容等と比較して考えると、年会費の安いJCB一般法人カードやオリコのEX Gold for bizの方がおすすめできることもあります

ここでは年会費無料を含めた、お得でおすすめの法人クレジットカードを比較しています。

カード名 JCB法人カード EX Gold for Biz ライフカードBiz

券面

JCB一般法人カード EX Gold for Biz ライフカードビジネス
発行会社 ジェーシービー オリコ ライフカード
ポイント還元率
(最大)
0.476% 1.1% (最大)
国際ブランド JCB VISA MasterCard
発行期間 約1ヶ月程 3週間程度 約1週間
年会費 1,250円(税抜き) 2,000円(税抜き) 無料
追加カード年会費 1,250円(税抜き) 無料 無料
利用限度額 公式サイト参照 10万〜300万円 10万円〜500万円
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 最高2,000万円 -
国内旅行傷害保険 最高3,000万円 最高1,000万円 -
ショッピング保険 年間最高100万円 年間最高100万円 -
ETCカード 無料で発行 無料で発行 無料で発行



JCB一般法人カード

画像:JCB一般法人カード


ライフカードを除けば、最も安い年会費の法人カード。クレジットカードの業界のリーディングカンパニーであるJCBが発行しているだけあって、特典や付帯サービスは他社と比較しても充実の内容でおすすめ。

ショッピングによるポイント付帯と、国内・海外ともに最高3,000万円の旅行傷害保険、年間最高100万円の海外ショッピング保険の付帯があり、他の一般カードと比較すると特典・保障ともに優れたおすすめの1枚。

前述の通り、この点を比較すると、多くの法人においてライフカードよりもJCB一般法人カードの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

詳細はこちらへ




オリコEX Gold for Biz

画像:EXGold


コストパフォーマンスはナンバーワンとの呼び声も高いおすすめ法人カード。その魅力は2,000円(税抜き)と他と比較して格安の年会費であるにもかかわらず、ポイント付帯はもちろん、VISAゴールドカードの優待特典がつく他、国内・海外旅行障害保険も付いてくる点。

更に親カードに加えて追加カードを3枚発行できるので計4枚まで利用可能です。そして何と追加カードは年会費無料の点もおすすめポイント。

他社と比較して非常に低いコストで複数枚のカードを利用できるので、2枚以上のクレジットカードを発行するならとてもおすすめできる1枚です。

詳細はこちらへ




ライフカードビジネス

画像:ライフカードビジネス


ライフカードビジネスは、年会費が永久無料! 数多くのカードの中で唯一の永年年会費無料の法人カードです。 限度額が最大500万円と自由度も高い法人カード。 ETCカードの年会費や発行手数料も無料! コストをかけずにビジネス用のカードを持ちたいという方に是非おすすめです。

詳細はこちらへ




高ステータスで信頼度抜群の3枚を比較!


ここでは法人カードの中でも特にステータスが高い3つのおすすめ法人クレジットカードを比較しています。

法人ですと取引や接待など、仕事上でどうしても法人カードの券面を気にしなければいけない場面があります。そんな時におすすめしたいのが以下のカードです。

ステータスもさることながら、サービスレベルも他の法人クレジットカードと比較して非常にレベルが高くおすすめ!
カード名 JCBプラチナ セゾンプラチナ
アメックス
アメックス
ゴールド

券面

JCBプラチナ法人カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
発行会社 株式会社
ジェーシービー
クレディセゾン アメリカン
エキスプレス
ポイント還元率(最大) 0.476% 0.50%
※海外利用は1%
0.40%
国際ブランド JCB アメックス アメックス
発行期間 約1ヶ月程 最短3営業日 約1ヶ月程
年会費 30,000円
(税抜き)
20,000円
(税抜き)
26,000円
(税抜き)
追加カード年会費 6,000円
(税抜き)
3,000円
(税抜き)
12,000円
(税抜き)
利用限度額 公式サイト参照 利用者による 利用者による
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 年間最高500万円 年間最高300万円 年間最高500万円
空港ラウンジ 無料で利用 無料で利用 無料で利用
プライオリティパス 無料で登録可 無料で登録可 -
ETCカード 無料で発行 無料で発行 525円/枚で発行
ANAマイル還元率 0.30% 0.30% 0.50%
JALマイル還元率 0.30% 1.125% 0.50%



JCBプラチナ法人カード

法人カードおすすめ比較サイト


インビテーションなしで申し込みができるおすすめのプラチナ法人カードです。
券面もブラックでサービス内容はJCBの最高位カードTHE CLASSと比較しても引きを取りません。

海外空港ラウンジ600箇所が使用できるプライオリティパスは無料で登録可能で、海外・国内共に最高1億円の旅行障害保険が付帯されるなど他の法人クレジットカードと比較してサービスも充実した最上級のおすすめ法人カードです。

年会費は30,000円(税抜き)と、一般・ゴールドカードと比較すると若干高めではありますが、提供されるサービス内容に対してはお得でおすすめ!

詳細はこちらへ




セゾンプラチナ・アメックス

画像:セゾンプラチナ・アメックス


セゾンカードが発行するプラチナビジネスカード。

この法人クレジットカードの一番のおすすめポイントはJALマイル還元率が1.125%で他社と比較して圧倒的な数字であること。
全法人カード中、最も高い還元率でJALマイラーに非常におすすめ!

また、20,000(税抜き)円という、他のプラチナ法人カードと比較すると非常に安い年会費でありながら、コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスが用意されているなど、最もコストパフォーマンスの高いおすすめ法人カードの一つです。

詳細はこちらへ




アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

画像:アメックスゴールド


ゴールド法人カードの中でも最高のステータスを持ち、自信をもっておすすめできるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード。

他と比較すると特にトラベルサービスが充実しており、例えば海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円と手厚い保証が受けられる点がおすすめ。

また、ビジネスで役立つ便利なサービスも豊富に取り揃えており、他のカードと比較しても、ビジネスのあらゆる場面でその恩恵が受けられるおすすめの法人クレジットカードです。

詳細はこちらへ




マイレージで選ぶならこの3枚がおすすめ


法人カードはカード利用時に貯まるショッピングマイルがほとんどありません。

ANA法人カードでは一切ショッピングマイルが付かないですし、JAL法人カードでも0.25%と比較的低い還元率です。

しかし、このようにマイル還元が比較的厳しい法人カードの中でも条件付きながら、1%の還元率を超えるクレジットカードが3枚あります。
ここではその3つのおすすめ法人クレジットカードを比較していきます。
カード名 セゾンプラチナ
アメックス
ダイナースクラブ アメックス
ゴールド

券面

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード ダイナースクラブコーポレートカード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
発行会社 クレディセゾン CityCard
ジャパン株式会社
アメリカン
エキスプレス
ポイント還元率(最大) 0.50%
※海外利用は1%
0.40%0.40%
国際ブランド アメックス ダイナース アメックス
次年度年会費 20,000円
(税抜き)
12,000円
(税抜き)
26,000円
(税抜き)
追加カード次年度年会費 3,000円
(税抜き)
12,000円
(税抜き)
12,000円
(税抜き)
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円
空港ラウンジ 無料で利用 無料で利用 無料で利用
プライオリティパス 無料で登録可 - -
ANAマイル還元率 0.30% 1.0%(※) 0.50%
ANAマイル備考 - ダイナースグローバルマイレージへの参加が必要です。年間参加料 6,000円(税抜き) ※メンバーシップ・リワード・プラス登録時(年間3,000円(税抜き))は1%(1,000ポイント→1,000マイル) 年間移行上限:150,000マイル
JALマイル還元率1.125%-0.5%
JALマイル備考--



セゾンプラチナ・アメックス

画像:セゾンプラチナ・アメックス


ステータスカードのランキングでも登場しましたが、セゾンプラチナビジネスアメックスはJALマイル還元率が1.125%で、他と比較しても圧倒的。

年会費も20,000円(税抜き)と一般的なプラチナカードと比較すると非常に安いですが、特典や付帯サービス等は豊富なカードなので、JALユーザーの方はぜひ比較検討したいおすすめ法人クレジットカードです。

詳細はこちらへ




ダイナースクラブコーポレートカード

ダイナースクラブコーポレートカード

ダイナースコーポレートカードは、ANAマイル還元率が1%
法人カードの中で最大の還元率を持つおすすめカード。

マイル還元率を最大にするためには、年会費12,000円(税抜き)に加えて、ダイナースグローバルマイレージの加入に6,000円(税抜き)掛かります。

他社と比較すると少々費用は高めになりますが、合計14社のマイルを交換できるというメリットがあるので、マイルを貯めたい方にはおすすめ。


アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード

画像:アメックスゴールド


こちらもステータスカードにて紹介済みのアメックス・ゴールド・ビジネス・カードです。

ANAマイルはダイナース同様、最大で1%貯まる。
ただし、オプションのコストが掛かるので年会費を合わせると30,000円オーバーと他の法人クレジットカードと比較すると割高になります。

ANAマイルのためだけにこちらの法人カードを作るのであれば、ダイナースコーポレートがおすすめ。
ステータスで比較するとアメックスがおすすめですが、かかる費用や提供される特典・サービスの内容などをよく比較検討し、自分に合う方を選びましょう!

詳細はこちらへ