法人用クレジットカードと法人デビットカードの違いを紹介します!

法人デビットカードと法人カードの違いとは?

 

みなさまは法人デビットカードをご存知でしょうか?
法人デビットカードとは、法人カードと同様に、料金支払い時に利用可能な決済カードのことです。
色々な企業でよく利用されているカードとしてこれら2枚が挙げられます。
しかし、一般的に「法人カード(法人用クレジットカード)」の方が、会社内での交通費、公共料金や接待・会食などの経費の精算で良く利用されています。

 

では、法人デビットカードと法人カードでは、どのような違いあるのでしょうか?
今回は各2種類(法人カードと法人デビットカード)のカードの特徴や内容をお伝えし、最後に当サイトおすすめの法人カードを2枚ご紹介いたします。

 

まず、法人デビットカードと法人カードの違いについて解説していきましょう!

 

法人デビットカードと法人カードの異なる3つのポイント!

 

みなさまは法人カードもしくは、法人デビットカードの内、どちらかを利用したことはありますか?
2枚ともお店などの支払い時に利用する法人用の決算カードです。
しかし、この2枚のカードにはいくつか異なる特徴があります。

 

では、この2枚の法人用カードにはどのような違いがあるのか?
今回は3つポイントに分けて解説していきます!

 

【異なるポイント:その1】赤字や設立一年目でも発行可能

 

基本的に法人カード(法人用クレジットカード)には審査基準があります。
そして、カード発行会社によっては、審査基準を高めに設定しているところもあり、審査に落ちてしまい、カード取得できない場合があります。

 

しかし、法人用デビットカードは、赤字や設立年数一年未満の企業でも審査通過できるので、比較的簡単に取得することができます。

 

【異なるポイント:その2】支払いサイクル

 

ここが、「法人カード(法人用クレジットカード)」と「法人デビットカード」の大きな違いです。

 

法人カードは、クレジット決算型ですので、利用された金額を後日まとめて引き落とし口座から精算。
商品購入時に資金がなかったとしても、引き落とし日までに資金をご用意できれば、スムーズに利用可能です。
従って、貸し倒れ、未払いなど発生するリスクを避けるため、カード発行会社は審査基準を設けています。

 

一方、「法人デビットカード」はご利用と同時に銀行口座に入っている残高から即時引き落としする仕組みになっています。
支払い時に、銀行口座に残高があれば、問題なく利用可能。
つまり、カード発行会社から資金を借りず、個人の銀行口座の座高を利用するということになります。
従って、高い審査基準がなく、赤字企業や設立一年目の企業でも簡単に取得可能です。

 

【異なるポイント:その3】キャッシュバック型とポイント型

 

法人カードは、基本的にポイント型のプログラムが付帯されいるカードが多い。
利用金額に応じて、ポイントが貯まり、優待チケット・ギフトカードやマイルに還元可能カードもあります。

 

一方、法人デビットカードは「ポイント型」ではなく、「キャッシュバック型」のカードが多いです。
利用額に応じて、その分キャッシュバックされるので、利用期限がなく、利用するメリットの一つと言えるでしょう。
中には「ポイント型」のカードもありますが、法人カードと比較すると還元率が良くありません。
ポイントを貯めるのであれば、法人カード(法人用クレジットカード)がおすすめです。

 

 

以上が「法人カードと法人デビットカードの3つ大きな違い」でした。
しかし、当サイトでは、法人デビットカードをおすすめしておりません。

 

なぜ、法人デビットカードがおすすめできないのか?

 

おすすめできない理由が以下の内容となります。

 

法人デビットカードがおすすめできない理由

 

当サイトでは、法人デビットカードをおすすめしていません。
なぜなら、法人カードの方が法人向きのサービス内容が豊富だからです。
では、一体なぜ、法人デビットがおすすめできないのか?

 

以下の3つの理由が挙げられます。

 

【その1】公共料金の支払いが不可

 

近年、対応している会社も増えてきていますが、「法人デビットカード」では、公共料金、携帯使用料やサーバー代などの毎月定期的にかかる支払いに対応できません。
法人カード(法人用クレジットカード)は、一度の登録のみで、登録解除しない限り、自動で毎月引き落としが可能なので、経理精算の効率化を考えると、圧倒的に「法人デビットカード」よりも「法人カード(法人用クレジットカード)」の方がおすすめです。

 

【その2】引き落としする口座の変更が不可

 

引き落とし口座の変更ができません。
法人カードとは違い、法人デビットカードは一般的に「銀行」が発行しているカードです。
銀行が発行しているカードであれば、引き落とし口座も必然的に同じ銀行からお引き落とししなければなりません。

 

引き落としする際に、自由に口座変更が可能な法人カード(法人用クレジットカード)がおすすめです。

 

【その3】資金繰りに不向き

 

法人デビットカードは即時引き落としされるので、常に口座に残高が十分に入れておかないとすぐに資金繰りが難しくなってしまいます。
しかし、法人カードでは、利用後1〜2ヶ月の支払い猶予期間があるので、資金繰りのしやすさで言っても、圧倒的に「法人カード」の方がおすすめです。

 

 

【まとめ】法人デビットカードよりも法人カードの方がビジネスに最適?

 

当ページ「法人デビットカードと法人カードの違いとは?」を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「法人カード」と「法人デビットカード」違いについてお分かりいただけましたでしょうか?
そして、当サイトが「なぜ法人デビットカードおすすめしないのか?」もご理解いただけたでしょうか?

 

会社経営する際に「法人カード」に求められるは、「経理処理の効率化」や「福利厚生の最適化」などがあります。
それを実現させる際におすすめするのが「法人カード(法人用クレジットカード)」です。

 

では、ビジネスをより最適するにはどの法人カードを選べばよいのでしょうか?
最後に当サイトおすすめのビジネスに最適な法人カードを2枚ご紹介します。

 

当サイトがおすすめしたいビジネスに最適な法人カード

 

これから、紹介する法人カードは「JCB一般法人カード」と「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」の二枚です。
では、各カードを紹介していきましょう!

 

JCB一般法人カード

 

日本最大級のクレジットカード会社であるJCB。
そのJCBが提供する法人向けのクレジットカードが、JCB一般法人カードです。

 

このカードは法人、あるいは個人事業主が申し込むことができます。
中小企業や個人事業主を対象とするビジネスカードです。

 

業界のリーディングカンパニーとして、長年トップを走り続けているJCBが発行する法人カードなので、その信頼性は抜群!
またタクシーチケットやギフトカードなどのビジネスをサポートするサービスの他、JCB独自の特典やサービスを提供しているのが特徴です。

 

「JCB一般法人カード」が気になる方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

「JCB一般法人カード」の詳細ページはこちらへ

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

アメリカン・エキスプレスは、アメックスが提供している法人カードです。
アメリカン・エクスプレスのクレジットカードは、世界でもトップクラスの発行数と知名度を誇っており、仕事や旅行で、海外に頻繁に行く機会がある人は、ぜひ持っておきたいカードの一つです。

 

そんなステータスの高いアメリカン・エキスプレスの法人カードの中でも、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは非常に高いステータスを有し、ビジネスの際に嬉しい、多彩なサービスが提供されています。
特に海外への出張に関連する、空港や飛行機に関連するサービスが充実しています。

 

そして、ゴールドランクの法人カードにもかかわらず、審査基準が優しく、設立年数一年未満の企業でも審査が通りやすいカードとしても大変支持されています。

 

「アメックス・ゴールド」が気になる方!

▽下記の詳細ページをご参照ください▽

「アメックス・ゴールド」の詳細ページはこちらへ