法人カードローンがおすすめできない4つの理由と解決策をご紹介!

カードローンをおすすめできない理由と解決策

(最新更新日:2017年5月24日)

おすすめできない4つの理由と解決策

 

できて間もない法人や事業の場合、初期のうちは運営資金の資金繰りの問題に直面することもあります。
その場合、早急な資金調達のため法人カードローンを利用するという選択肢があります。

 

早急に資金が調達できる手段として便利な法事カードローンですが、当サイトでは法人カードローンでの資金調達をあまりおすすめしておりません


このページではその理由について、ご説明させていただきます。

 


カードローンがおすすめできない理由と解決策



法人カードローンとは?

法人カードローンとは?

 

法人カードローンとは、法人・個人事業主向けのカードローン(ビジネスローン)のことを言います。

 

一般的に言われているカードローンは個人向けの無担保ローンのことを指し、法人カードローンは法人向けの無担保ローンのこと。
基本的には、法人カードローンと呼ぶ人はあまりいません。
提供している金融機関によって商工ローン・自営者ローン・事業ローンなど名称が異なる場合もありますが、基本的にカードローン(ビジネスローン)と呼ばれることが多いです。

 

法人カードとカードローンの違いとは?

法人カードとカード
カードローンと法人カードの違いについて解説していきます!

◆カードローン=『法人や個人事業主向けのカードローン』
資金調達のみをお考えの法人経営者や個人事業主の方を対象としたビジネス用のカードローンです。
銀行での融資と比較すると高金利な設定。
無担保、そして保証人不必要かつ、審査が通れば最短即日での融資が可能。
従って、時間的に余裕がない方にとっては良い資金調達なサービスです。

◆法人カード=『法人や個人事業主向けのクレジットカード』
法人経営者、そして個人事業主の方におすすめしたい法人カード。
経理処理の最適化経費削減などのサービスに特化している部分が最大の特徴です。
企業での経費の支払いの一括化することが可能なため、キャッシュフローの見える化経費管理の最適化など様々な部分で大活躍。
さらに、カード発行会社によって空港ラウンジの利用キャッシュバックなど多種多様な特典も多く含まれるものもあります。

 

では以上の2つのサービス内容について、みなさまにもっとしっかり理解してもらうため次のように解説していきます!

カードローンの6つの特徴

カードローンの6つ特徴

 

カードローンには大きく分けて6つの特徴があります。

≪第三者による保証人が不要≫
銀行の融資とは違い、第三者による保証人を用意せずに借りる事の出来るローン制度。
代表者本人による連帯保証は必要となりますが、第三者の保証人不要な分、ローンの組みやすいサービスです。

≪即日ローンが可能≫
カード発行会社によって異なりますが、審査によっては最短即日カードローンも可能なケースが多いです。
それに比べて、銀行でのカードローンは早くて一週間、遅くて1,2カ月かかる場合もあります。
即日カードローンをお求めの方には良いサービスでしょう。

≪無担保での貸し入れが可能≫
無担保で借りれるローンで有名なカードローン。
銀行でのカードローンの場合になると、審査によっては、不動産などの担保の請求をされるケースもあります。

≪金利が比較的高い≫
無担保、保証人不要、そして最短即日でのカードローンとたくさんのメリットがある反面、貸し倒れの確率減らすため、銀行カードローンの金利よりも高めな設定

≪限度額が低い≫
上記で説明させていただきましたが、貸し倒れというリスクがあるので、最大限度額500万〜1000万までの限度額となります。

≪審査基準が低い≫
銀行のカードローンよりも比較的審査が通りやすくなっています。
中小企業個人事業主の方に喜ばれる特徴の一つです。

 

法人カードの6つの特徴

カードローンがおすすめできない4つの理由

 

大きく分けて6つの特徴があります。

≪マイルやポイントの優遇がある≫
カード発行会社によって異なりますが、一般的にポイントマイルなどの優遇が受けられるのが法人カードの特徴の一つです。
利用時のポイント貯める事により、カード発行会社との提携先などで商品や優待チケットへの交換など可能になります。
とてもお得なサービス内容ですので、こちらのサービスを重要視して法人カードを求める方も少なくありません。

≪特典・付帯サービスが利用可能≫
カード発行会社によって異なりますが、空港ラウンジの利用海外保険手荷物配送無料やホテルなどの優待チケットなどが付帯されるカードは数多くあります。
法人カードにプラチナゴールド一般とランクがあり、ランク毎によっても付帯サービスの良さも異なります。
プラチナランクになると、24時間対応コンシェルジュサービスや世界各国の空港ラウンジ利用可能な『プライオリティ・パス』などのサービスが付帯されている法人カードもあります。

≪資金繰りが楽になる≫
法人カードで支払いされた場合、法人口座からの引き落しで最大90日間の支払猶予の期間が作れます。
従って、お支払いする為の時間を作ることができ、キャッシュフローも良くなります。
特に、設立一年目の企業の方にとってはとても大きなメリットではないでしょうか。

≪経費の記載漏れなど少なくなる≫
会社で必ず必要な保険料、サーバー代や電話代などの固定運営費をカードで一括支払いすることで、明細書で経費の見える化を可能にします。

≪経費精算がなくなり最適化される≫
社員の立替金など請求などカードでの支払いにすることによって、削減できます。
さらに経理処理の最適化にも繋がりますので、とても無駄がなくなります。
経営者の方、個人事業主の方には是非おすすめしたいサービス内容です。

≪法人と個人の区分が明確になる≫
法人カードを持つことによって、個人用と法人用しっかり区分することができます。
精算することによって法人口座からの引き落としになるので、支払内容の混乱がなくなります。

法人カードローンがおすすめできない理由と解決策

カードローンがおすすめできない4つの理由

会社経営では早急に「資金調達」「資金繰り」に対応しなければならない場面が多々あります。
そんな場合、世間でよく解決策として使われている手段が「カードローン」です。
そして、「カードローン」関連の商材が数多くあります。
しかし、調べていくうちに法人カードローンにはデメリットがいくつかあることがわかりました。
今回当ページでは、「法人カードローンがおすすめできない4つの理由」としてまとめました。
「なぜおすすめできないのか?」そして、「解決策は他にあるのか?」
その点をみなさまにわかりやすくご紹介していきます!

その@【審査結果によってカードローンの利用額が低くなってしまう】

 

カードローンの利用限度額は「公的融資」「銀行融資」と比較すると低めの設定となっております。
カードローン会社によっては、最大1000万円高額設定のところもありますが、それに伴い審査基準も高まります。

そのA【カードローンの返済金利が非常に高くなってしまう】

「無担保」、そして「無保証人」でローンが組める法人カードローンは、提供する金融機関側からしたらかなり高リスクな内容。
それに加え、「有担保ローン」「不動産担保ローン」など比較しても、貸し倒れや自己破産などのリスクなど踏まえた上でも金利はかなり高めに設定されています。
従って、長期的な借入をするには、「カードローン」は適していません。

そのB【決済書の内容次第でカードローンが不可能になってしまう】

カードローンは提供会社によっては即日融資が可能なところがあります。
その理由として、各会社の決済書内容をデータベースに入れる事自動的に審査してくれるからです。
その反面、決算書内容が悪いと交渉するチャンスもなく、即融資不可となります。
そして、翌年まで融資不可能になります。

そのC【返済期間の余裕がなくカードローンの返済がむずかしい】

金融機関側からしたら、「無担保」そして、「無保証」な融資ですので、貸し倒れや自己破産などのリスクが高くなるのでローン返済期間はかなり短く設定されています。
従って、高金利で返済期間も短くなると返済の余裕がなく、キャッシュフローが悪くなり返済不可にもなり兼ねません。

 

以上の4つの理由から、カードローンは上記のデメリットによって返済不可へのリスクが高まるので、当サイトではおすすめしません!
では、その他にもっと効率的な「資金調達」・「資金繰り」の解決策はないのでしょうか?
そこで当ページでおすすめするのが≪キャッシング機能付きの法人カード≫です!
キャッシング機能付き法人カードに「どのようなメリットがあるのか?」
または、「どのように資金繰りに特化しているか?」詳しく解説させていただきます。
最後に「当サイトおすすめのキャッシング機能付き法人カード」などもご紹介させていただきます!

 

では、まず「キャッシング機能付き法人カードをおすすめしたい3つの理由」を解説していきましょう!

キャッシング機能付き法人カードをおすすめしたい3つの理由

カードローンがおすすめできない4つの理由

どんな企業も一度は「資金調達」・「資金繰り」で苦労したことがあることでしょう。
当然ではありますが、資金繰りがうまく回わすことができなければビジネスを可動させることはできません。
もしそのまま可動させることができなくなってしまうと、そのまま倒産してしまう場合もあります。

 

そういった最悪なケースにならないためにも、しっかりとした対策が大切なのです。
そこで最も資金繰りや資金調達に特化しているのが「キャッシング機能付き法人カード」です。
では、「どのように特化しているのか?」以下のような点が挙げられます。

その@【法人カードは返済の猶予期間が長い!】

法人カードを利用した際に、口座引き落とし猶予期間が最大90日間!
法人カードローンに比べると圧倒的に猶予期間が長く、キャッシュフローが抜群に良い!

そのA【法人カードは経理処理などの最適化に便利!】

法人カードの利用限度額は法人カードローンよりも高設定。
従って、「支払い口座の一括化」「仮払・立替でのマネートラブルの削減」「経理管理の最適化」など経理面での効率化に最適でとても便利です!
さらに、カードの「明細記録」や「精算書」などの管理にも利用できるようになります。

そのB【法人カードはマイルやポイントサービスがお得に貯めれる!】

カード発行会社によってサービス内容は異なりますが、基本的に