ANAマイルに特化した法人カード!「ANAダイナースクラブ」

ANAマイラーにおすすめしたい法人カード!「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

ANAマイラー必見の法人カードと言えば、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」!
他社の法人カードでANAマイルを貯めている方や出張や旅行の際によくANAを利用しているがまだ法人カードを利用していない方に是非おすすめしたい法人カードが「ANAダイナースクラブコーポレートカード」です。
とてもステータス性が高く、マイルが貯めやすいだけでなくプラチナカード並みの特典・付帯サービスのある法人カード。
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」は、ご入会された際に【ボーナスマイル2,000ポイント】プレゼント!
さらに、毎年継続時に2,000ポイントされますので、毎年最低でも2,000ポイントずつ貯めていくことができる法人カードです。

 

今回、当ページではANAマイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」のおすすめしたい特徴やメリットを詳しく解説していきます。

 

ステータス性の高い法人カード!「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の5つのメリット

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

様々なウェブサイトで「ANAダイナーズクラブコーポレートカード」のメリットをご紹介されていると思います。
その中でよく耳にするのが「ANAマイルに特化した法人カード!」や「マイルボーナスがとてもお得!」などのご紹介をよくお見掛けします。

 

では、ステータス性の高い法人カードで有名な「ANAダイナースクラブコーポレートカード」のメリットはそれだけなのでしょうか?

 

実は、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」はANAマイル貯蓄でのメリットだけでなく、特典や付帯サービスにも特化している優れた法人カードです。
今回は、みなさまに「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の特徴や魅力を5つのメリットにまとめ、分かりやすく解説させていただきます。

 

【メリットその1】ご入会時にボーナスマイル「2,000マイル」プレゼント!そして、ANA利用時でのその他メリット!

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

「ANAダイナースクラブコーポレートカード」にご入会されますと、キャンペーン実施期間中だと「ボーナスマイル2,000ポイント」プレゼント!
毎年継続時に2,000ポイントプレゼントされますので、ANAマイル貯蓄を理由に法人カードをご検討中の方であればこちらの「ANAダイナースクラブコーポレートカード」をおすすめします。

 

さらに、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の専用カウンターサービスもおすすめの特典の一つです。
出張や旅行時のチェックインの際にこの専用カウンターをご利用することによって、スムーズに手続きができ、あなたのビジネスライフをより快適にしてくれます。

 

ANAご利用頻度の高い方にとてもおすすめしたいメリットの一つです。

 

【メリットその2】ホテルやレストランなどの提携先での優待サービスが充実!

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

「ANAダイナースクラブコーポレートカード」はステータスがタ高く、プラチカード並みの特典や付帯サービスを受けられる事でも有名な法人カードです。
そのサービス内容を求めてご入会される方少なくありません。
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の優待サービスで有名なのでが、ホテル優待サービス。
ANAはインターコンチネンタルホテルズグループと提携していますので、ANAホテル、そして共同ブランドの宿泊施設での優待割引のご利用、朝食無料や国内での提携先宿泊施設でのウェルカムドリーンクの無料サービスが付帯されます。
インターコンチネンタルは多くの方に支持されていることもあり、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」のこちらのサービスもかなり評判が良いので、おすすめしたいメリットです。

 

普段からインターコンチネンタル(IHG)をご利用されている方にもおすすめしたいサービス内容となります。

【メリットその3】ETCカードの年会費・発行手数料が無料!

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

「ANAダイナースクラブコーポレートカード」にご加入されますと、ETCカードを年会費・発行手数料無料でご利用することが可能になります。
法人カードの中では、こちらのサービスが目的でご入会されるユーザーの方も多く、とても人気のあるサービス内容です。
高速道路の利用時間によって最大50%の割引サービスも付帯されるのでとてもお得!
プラチナ並みの特典サービスばかりではなく、ビジネス面での基本的な特典もしっかり付帯されていますのでとても信頼できる法人カード!
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」は、まさに一石二鳥とも言える法人カードです。

 

【メリットその4】ショッピングでマイルが貯められる!
「ダイナースクラブリワードポイントプログラム」

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

基本的にANAやJALなど航空会社が提携している法人カードはショッピング時で貯めたポイントをマイルへ還元することができない物が多いです。
しかし、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」はANAとの提携している法人カードの中で唯一ポイントからANAマイルへ還元できる法人カードです。
ANA利用時でのマイル貯蓄はもちろん、ショッピングでもマイルが貯められるのはANAマイルを貯めるANAマイラーの方々にとっては最大のメリットではないでしょうか?

 

【メリットその5】世界各国で空港ラウンジが利用可能!

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

最後のお伝えしたいメリットがこの「空港ラウンジのご利用付帯サービス」です。
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」は国内だけでなく、海外の主要都市のほとんどの空港ラウンジをご利用いただけます。
もはや、このサービスを受けたいが為に、ご入会される方も中にはいるのではないでしょうか?
他社の法人カードでの空港ラウンジを利用する際に、「国内の主要都市の空港ラウンジは利用可能だが、海外では対応していない箇所が思った以上に多い。」などよく耳にしますが、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」は世界各国の主要都市と提携していますので、そのような心配はございません。

 

国内及び海外旅行や出張の多い方にはとても充実したメリットと言えるでしょう。

 

マイル還元率の良い「セゾンプラチナ・アメックス」と比較してみた!

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

今回、当ページでは、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」のご紹介をさせていただいております。
ANAマイラーにとってはとても魅力的な法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」
ANAマイル還元率は驚異の「1%」、さらにショッピングでの貯めたポイントもマイルへ還元が可能です。
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」出張や旅行の多い方にとっては持って損のない法人カードと言えるでしょう。

 

では、その他にマイル還元率の良い法人カードはないのでしょうか?

 

じつは当サイトでもご紹介している「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」も非常にステータスが高く、マイル還元率の良い法人カードです。
今回は上記の二枚の法人カードの内、どちらの方が条件がより整っているのか徹底比較致しました。
「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の特徴やメリットを比較し、解説していきます。

 

カード名 セゾンプラチナ・アメックス ANAダイナースクラブ
券面
申込対象 法人・個人事業主 法人・個人事業主
年会費 20,000円(税抜) 20,000円(税抜)
年会費(追加カード) 3,000円(税抜) -
限度額 - -
ポイント還元率 「永久不滅ポイント」
0.5%※海外利用の場合は1%
「ダイナースクラブ リワードポイント」
100円=1ポイント
海外傷害保険 最高1億円 最高1億円
国内傷害保険 最高5,000万円 最高1億円
ショッピング保険 年間最高300万円 年間最高500万円
空港ラウンジ
プライオリティ・パス
キャッシング 300万円 300万円
特筆すべきサービス 新規ご入会キャンペーン実施中
「永久不滅ポイント」
最大2,000ポイントプレゼント!
新規ご入会キャンペーン実施中
最大53,500マイル相当獲得のチャンス!

 

「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「ANAダイナースクラブコーポレートカード」では、特典、付帯サービスや特徴は非常に似た内容となります。
大きな違いは、「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はJALマイルに特化しており、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」はANAマイルに特化した法人カードです。
「セゾンプラチナ・アメックス」はJALマイル還元率が驚異の「1,125%」と、JALのマイルを貯めているJALマイラーに必見の法人カードです!
その他にも、プラチナランクの特典・付帯サービスが付いており、世界各国の空港ラウンジをいつでも、どこでも無料で利用ができる「プライオリティ・パス」の付帯されております。

 

ANAマイラーの方には、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」を!JALマイラーには、「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をおすすめします!

 

▽「セゾンプラチナ・アメックス」が気になる方は、下記の詳細ページをご参照ください▽

「セゾンプラチナ・アメックス」の詳細ページはこちらへ

 

「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の詳細内容について

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の詳細内容は下記の表をご参照ください。

 

カード名 ANAダイナースクラブコーポレートカード
券面
ポイントプログラム名 「ダイナースクラブ リワードポイント」
ポイント還元率 100円=1ポイント
発行対象 法人・個人事業主
発行期間 -
初年度年会費 20,000円(税抜)
追加カード初年度年会費 -
電子マネー -
支払い方法 1回払い/ボーナス払い/リボ
利用限度額 -
締日支払日 -
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 最高500万円
空港ラウンジ
プライオリティパス
ETCカード 無料発行
ANAマイル還元率 1%
JALマイル還元率 -

 

【まとめ】ANAマイルなら「ANAダイナースクラブコーポレートカード」!JALマイル貯めるなら・・・

マイルに特化した法人カード「ANAダイナースクラブコーポレートカード」

 

当ページ、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」を読んでいただきありがとうございます。
「ANAダイナースクラブコーポレートカード」は、出張や旅行などでANAの利用頻度が高い方におすすめの法人カードです。

 

一方、JALを貯めるなら、「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめ!
「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のマイル還元率は「1,125%」で、法人カードの中では、かなりの高還元率の法人カードです。
その他にも、世界各国の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の付帯サービス、ホテル・レストラン・ゴルフ場などで利用できる優待サービスビジネス面での付帯サービスも満載ですので、あなたのビジネスライフがより最適になる事でしょう。

 

▽「セゾンプラチナ・アメックス」が気になる方は、下記の詳細ページをご参照ください▽

【まとめ】ANAマイルなら「ANAダイナースクラブコーポレートカード」!JALマイル貯めるなら・・・

詳細はこちらへ