会社の決算が赤字でも法人クレジットカードの審査は通るのか?

会社の売上が赤字の場合でも法人カードは作れるのか

赤字で法人カード作成画像
赤字で法人カード作成画像 多くのクレジットカード会社は、法人カードの審査基準として「黒字経営であること」を挙げています。

では、赤字の会社は法人カードの申し込みができないのでしょうか? 結論から言うと、赤字経営の会社でも法人カードの発行は可能な場合も多いです。

ここでは、赤字決算が法人カード発行に与える影響について解説し、赤字でも発行できる見込みのあるおすすめの法人カードのご紹介を行っています。


代表者の与信の重要性

赤字で法人カード作成画像 「信」用を「与」えると書いて与信。 法人カードを申し込んでいる代表者にどれだけの信用を与えられるか、という考えです。

与信は、借りたお金を返済するだけの能力があるか、過去に滞納などをしていないか、担保はどんなものか、などの基準で決められます。

この与信が高ければ高いほど、カードの審査も通りやすくなりますし、限度額も高く定められます。

法人カードを申し込む際には、大抵の場合代表者が連帯保証人となるため、代表者の与信が重要な合否のファクターになります。代表者の与信が低いと、法人カードの申し込みを断られることが多くなる傾向にあります。


赤字だと作れないわけではない

赤字で法人カード作成画像 赤字があると、法人カードの申し込みを断られる傾向にあります。 しかし、赤字の企業すべてが法人カードを持っていないかというと、そんなことはありません。

過去に赤字決算があると、法人カードの申し込みが断れられる可能性が高いのは確かです。

カードに申し込んだ法人が赤字続きで倒産するということは、即ち、カード会社の損害につながるからです。つまり、過去に赤字があったとしても、今後倒産の確立が高くないと判断されれば、カードが発行されるということになります。

現に、法人カードの審査に通過した会社で過去に一度も赤字がなかった会社というのはそれほど多くないようです。

そのため、法人カードを作りたいけれど、自社の決算が赤字だから不安で一歩が踏み出せないという経営者様や個人事業主様も、設立年数やクレジットヒストリーなど、一般的に審査通過のために必要な条件を満たしているならためらわず申込みしましょう!


法人の運営期間の重要性

赤字で法人カード作成画像 法人カードを申し込む際に、審査に使われる要素として、法人がどの程度の期間運営されているかというものがあります。

一般的に、基準は三年以上と言われており、創立から三年以内の企業は法人カードの審査に通りにくい傾向にあるようです。

なぜ、三年という基準が設けられているのかというと、第一に、設立三年以内の企業は運営が軌道に乗っておらず、安定していない傾向にあるということです。

カード会社としても、カードを発行してからその会社に赤字が原因で倒産されてしまうと、損害になってしまうため、出来るだけ赤字法人を避け、黒字で安定した運営の企業にのみカードを発行したがるきらいがあります。


おすすめ法人カード徹底比較

以下、現在、おすすめの法人カードを4つピックアップしました!
カード名 JCBゴールド JCBプラチナ オリコ EX Gold セゾンプラチナ
アメックス
券面
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ポイントプログラム名 OkiDokiポイント OkiDokiポイント 暮らスマイル 永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 0.476% 0.476% 0.50% (最大) 0.50%※海外利用は1%
発行対象 法人・個人事業主 法人・個人事業主 法人・個人事業主 法人
種類 ゴールド プラチナ ゴールド プラチナ
発行期間 約1ヶ月程 約1ヶ月程 3週間程度 最短3営業日
初年度年会費 10,000円(税抜き) 30,000円(税抜き) 無料 20,000円(税抜き)
次年度年会費 10,000円(税抜き) 30,000円(税抜き) 2,000円(税抜き) 20,000円(税抜き)
追加カード初年度年会費 3,000円(税抜き) 6,000円(税抜き) 無料 3,000円(税抜き)
追加カード次年度年会費 3,000円(税抜き) 6,000円(税抜き) 無料 3,000円(税抜き)
利用限度額 公式サイト参照 公式サイト参照 30万〜300万円 利用者による
締日支払日 15日締め翌月10日 15日締め翌月10日 月末締め翌月27日 月末締め翌々月4日
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高1億円 最高2,000万円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高1億円 最高1,000万円 5,000万円
ショッピング保険 年間最高300万円 年間最高500万円 年間最高100万円 年間最高300万円
空港ラウンジ 無料で利用 無料で利用 - 無料で利用
プライオリティパス - 無料で登録可 年会費優待有 無料で登録可
ETCカード 無料で発行 無料で発行 無料で発行 無料で発行
ANAマイル還元率 0.30% 0.30% 0.30% 0.30%
JALマイル還元率 0.3% 0.3% 0.25% 1.125%

ここで紹介しているのは、当サイトがおすすめする法人カードの中でも選りすぐりの4枚なので、どれを選んでもあなたのビジネスに大きく貢献するでしょう。

この4枚以外にもおすすめの法人カードを比較検討したいという方!

▽下記のページで比較表を用いて、カテゴリごとのおすすめを紹介していますので、ご参照ください。▽


その他おすすめカードの詳細ページはこちらへ




では、上記でおすすめした4枚の特徴やメリットなどを紹介いたします。

JCBゴールド法人カード

「赤字」JCBゴールド法人に関する画

ポイント還元率、年会費、利用限度額、国内・海外旅行傷害保険、空港ラウンジ利用無料、高い信頼性に至るまで、法人カードで重要視される要素を全て高いレベルで網羅したオールマイティのカードと言えます。

「JCBゴールド」の詳細ページはこちらへ

JCBプラチナ法人カード

「赤字」JCBプラチナ法人カード

三大法人プラチナカードであるJCBプラチナ法人セゾンプラチナ・アメックスMUFGプラチナと並ぶハイスペックな1枚。この3枚のプラチナカードの中でも、最もステータスが高いカードです。

他のプラチナカードが20,000円(税抜き)に対して、30,000円(税抜き)と年会費は若干高いですが、国内旅行傷害保険1億円ショッピング保険年間最高500万円、プライオリティパスの無料登録などのサービスが提供され、法人カード最高峰の付加価値を持ったカードです。

JCBは業界のリーディングカンパニーとして長年トップを走り続けており、信頼性は他社と比べて非常に高いです。

JCBプラチナ法人カードは、そんなJCBが発行している法人カードの最高峰であり、ステータスの高さは折り紙付きです!

「JCBプラチナ」の詳細ページはこちらへ

オリコEX Gold for Biz

「赤字」エグゼクティブゴールド(オリコ)についての画像

券面はゴールドでありながら、2,000円(税抜き)という格安な年会費。しかも追加カードの発行年会費は無料!

そして、このように格安な年会費であるにも関わらず、最大利用限度額は300万円とかなり充実しています。(※通常ゴールドカードでも利用限度額は250万円が一般的)。

さらに、旅行傷害保険も国内最大1,000万円海外最大2,000万円保障!

また、クレジットカード利用額に応じてポイント還元率も最大で1.1%と非常にコストパフォーマンスの高い1枚です。


「オリコEX Gold」の詳細ページはこちらへ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

「赤字」セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

この法人カードの最大の利点は、締日から支払までが最長35日間あることです(一般的な支払タームは25日間)。保険も豊富に付帯されており、プライオリティパスの発行も可能。

それからJALマイルの還元率は最大で1.125%。これは全法人カード中最も高い還元率となっています。(※ANAマイルの最大還元率を持つカードはダイナースコーポレートの1%)

「セゾンプラチナ」の詳細ページはこちらへ

当サイトおすすめ関連ページ

審査で落ちた時の対応策とは?

法人カードの審査基準とは?

ブラックリストでも法人カードは作れるのか?